蓮の落胤-創価学会、話そうか

非活動家の学会3世が創価学会、日蓮、公明党等を語ります。

「内側から見る 創価学会と公明党」のレビュー(全体の雰囲気に関して)

創価大学卒業の若手研究者(といっても私より年上の方ですが)、浅山太一氏が世に送り出した創価学会公明党研究の新書、「内側から見る 創価学会公明党」をレビューしたいと思います。長くなりそうなので2度に分けて紹介します。

 

書籍や論文を評価する上で重要な観点は、目的・動機・方針・守備範囲を意識することと私は考えています。

 

目的に合致していない情報・資料は、例え一級品であっても採用しないものです(街の道案内に地価は記されていないでしょう?)。目的を無視して「あれが書かれていない!」と批評するのは的外れです。

 

目的を達成するために規定された方針・守備範囲が目的を鑑み妥当かどうかを判断する事と、方針・守備範囲をそれぞれ単体で批評することは違います。

 

著者が規定した方針、その方針が守られているかどうかを批評する事と、著者の方針を読み手が好むか好まないかは別次元の問題です。

 

著者は「内側から見る 創価学会公明党」を執筆した目的について「社会と学会の双方が「創価学会公明党というテーマ」をともに論じるための足場を構築すること」と述べています。執筆理由に関しては「創価学会公明党を論じた本でまじめに読めるものがきわめて少なかったから」と記しています。

 

加えて著者は、執筆にあたっての方針及び守備範囲をおよそ以下の様に規定・宣言しています。

 

会員にも同意してもらうため退会者や露骨な批判者の証言資料はできるだけ採用しない

「とある幹部筋」「学会の内部事情」などの暴露話の類は資料として採用しない

活字化された資料を軸に議論する

会員へのインタビュー資料はあまり使用していない

歴代会長等リーダー達の発言・執筆内容には触れる

発言・執筆内容がどの様に会員達に解釈されたかに関しては限定的にしか触れない

創価学会という運動体における地域差・世代差・男女差への言及は今後の課題とする

 

本書を評価するならば上記の目的、動機、執筆方針と守備範囲を念頭におく必要があるでしょう。

 

「会員にも同意してもらうため退会者や露骨な批判者の証言資料はできるだけ採用しない」という方針は合理的だと思います。アンチの意見を併記すれば学会員が拒否感を示し、「社会と学会の双方が」という執筆目的の達成を困難なものにしてしまうでしょう。

 

活字化された資料を軸に議論する、会員解釈に関しては限定的な言及に留める、地域差・世代差・男女差への言及は今後の課題とする……という守備範囲の設定も第1作目の著書であることと「議論の足場作り」という目的からすれば非常に妥当ではないでしょうか。「最初の足場作り」を優先し、複雑で考証し辛い部分は次回作以降に回すと。

 

目的を鑑みた時、上記執筆方針と守備範囲の設定は理にかなったものであると判断できます。

 

執筆方針と守備範囲の設定を是とした上で書籍全体に目を通せば「社会と学会の双方が「創価学会公明党というテーマ」をともに論じるための足場を構築する」という著者の目的が見事達成されていることを感じ取れると思います。

 

私がそう判断する最大の理由は、引用文献・参考文献の記載が丁寧に分かり易く展開されているからです。「何を当たり前のこと言っているの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、この当たり前が出来ていない書籍が多いからこそ「創価学会公明党を論じた本でまじめに読めるものがきわめて少なかった」のです。

 

引用文献・参考文献の記載がしっかりしているからこそ客観的に論証できる書籍、「議論の足場」と成り得ます。

 

細かい点ですが、戸田会長や池田会長のスピーチ・講義を、両会長の全集からではなく個々の講演集や論文集から引用している点も好感が持てました。

 

文章のタッチとしては、書籍全編に渡り学会員への配慮・優しさ(易しさ以上に優しさ)を感じることが出来ます。非学会員・非信仰者に学会員マインドを嫌悪感なく理解してもらうため著者が努力したであろうことも伝わってきます。比喩や例え話が効果的に用いられています。

 

「社会と学会の双方が」という目的を達成するために著者が払った工夫や努力を、議論の中身以上に文章の運び方から感じることができます。

 

突っ込んだ形での創価学会論を期待すると肩透かしを食らうかもしれませんが、タイトルにもあるようにこの書籍のテーマは「創価学会公明党」です。創価学会の政治参加を追いかける内容になっています(著者は創価学会とは如何なる宗教かに迫ることを執筆目的に設定していません)。

 

創価学会公明党をテーマにするとスキャンダル・イエロージャーナリズムが跋扈するのが常ですが、著者が「退会者や露骨な批判者の証言資料はできるだけ採用しないこと」「暴露話の類は資料として採用しないこと」を貫き通しているので、どの様なスタンスの方であっても熱くなることなく読み進めることが出来ます。著者の方針及び守備範囲は全編を通してぶれていません。

 

学会系出版社以外の学会本を読むことに抵抗感・忌避感を覚える学会員であっても、不愉快になることなく(読後感は各会員のセンスに依存する話ですが)、創価学会公明党」の関係について分かり易く復習することが出来ると思います。巻末には簡素ながら分かり易い年表もついています。

 

創価学会や信仰には特に興味がないけれど国政における公明党を理解したい……という方にもお勧めです。著者自身が本文中で述べていますが、信仰に関する部分は飛ばしても理解できる内容になっています。

 

本書に触発されて「創価学会公明党」に関してもっと深く調べてみたい……と感じたならば本書の引用・参考文献にあたってみるとよいでしょう。引用文献・参考文献の記載がしっかりしている書籍だからこそ、そういう使い方が出来ます。

 

本文内で展開されている議論の内容は個別に評価する必要がありますが、「創価学会公明党を論じたまじめに読める最新の本」と評価すべき書籍に仕上がっていると思います。

 

次回記事では議論されている具体的内容に少しツッコミを入れたいと思います。