蓮の落胤-創価学会、話そうか

非活動家の学会3世が創価学会、日蓮、公明党等を語ります。

価値創造の由来と「生命論」の元ネタ?

先日、創価学会の名前の由来、価値創造という言葉がTwitter上で話題になりました。曰く、価値創造というタームは大正時代において既に使用されていたと。

 

価値創造というタームは創価学会の牧口会長・戸田会長が初めて使用した(あるいは創作した)と思っていた私にとって、結構びっくりする話題でした。

 

気になったので国立国会図書館のデジタルコレクションを検索してみると、確かに価値創造というタイトルが付けられた書籍(大正期に出版されたもの)が何件かヒットしました。以下、検索結果を貼り付けます。

 

f:id:Hasunorakuin:20180301051551j:plain

調べて驚いたのは、星野武男という方が1921年に「日蓮主義の文化的研究」というタイトルの書籍を出版し、その中で「価値創造の哲学 一念三千の意義」という章を設けていたことです。「日蓮主義の文化的研究」はデジタルコレクションなので誰でもWeb上で閲覧できます。

 

またTwitterである方から教えて頂きましたが、「法華経の研究 : 一名・法華経の文化学的研究」という書籍の中に「綜合的價値創造の經典」と名付けられた章があるそうです(上記検索結果にも表示されています)。こちらは国立国会図書館に出向かなければ閲覧できません。この本の著者である里見岸雄は、田中智学の子息とのこと。

 

日蓮主義の文化的研究」においても、田中智学が紹介文を寄稿しています。両書籍とも国柱会と深い関係があるようです。知っている方も多いと思いますが、牧口会長は国柱会の会合に顔を出していた時期があります(1916年頃)。

 

日蓮主義の文化的研究」の中身を覗いてみると、「生命の宗教」「価値の哲学」「最高級の生命が仏界」「宇宙生命もこの十個の分類法よって解剖される」等。どこかで聞いたことがある様な言い回し、フレーズが並んでいます。

 

f:id:Hasunorakuin:20180301043004j:plain

f:id:Hasunorakuin:20180301051707j:plain

牧口会長・戸田会長の言い回し、日蓮法華経解釈に用いたフレーズの幾つかは、国柱会譲りなのかもしれません。場合によっては、元ネタ・原型と言えるかもしれません。

 

断っておくと、「日蓮主義の文化的研究」において用いられている「生命」という単語と、戸田会長(や戦後の創価学会)が用いた「生命」では意味する範囲、解釈が異なるようで、まるパクリという訳ではないです(宇宙生命論への是非は別にして)。

 

そもそも、国柱会と初期創価学会日蓮正宗では根本的に異なる部分があるので(日蓮本仏論&大御本尊のコンビ)、意味するところが違うのは当然と言えば当然です。ただ、便利な言葉として参考にした蓋然は高いのでは?と思ったりします。

 

牧口会長は1903年(32歳の時)に「人生地理学」を出版しています。柳田國男との交流をはじめ、国柱会の会合に参加する以前より、思索・研究活動に熱心だった人です。牧口会長がいつ頃まで国柱会に興味持っていたかは分かりませんが、参考にしていてもおかしくありません。

 

牧口会長が国柱会の会合に参加したのが1916年頃。「日蓮主義の文化的研究」の出版が1921年。牧口会長の日蓮正宗への入信が1928年。「創価教育学体系 第1巻」の出版が1930年。

 

創価教育学体系」が出版される9年前、牧口会長の入信7年前、「日蓮」がテーマの書籍で「価値創造の哲学」というフレーズが用いられていた。これは事実です。

 

創価学会を検証する時、「創価学会の初代・2代会長は明治・大正期の宗教・思想変動期を生きた人物である」という観点が必要であることを改めて認識しました。