蓮の落胤-創価学会、話そうか

非活動家の学会3世が創価学会、日蓮、公明党等を語ります。

信濃町に目を付けられてしまう人

信濃町に目を付けられてしまう人。

 

端的に言うと、金と票にならない会員を増加させ得る方です。

 

インターネットの普及により情報の拡散に歯止めが掛からなのはもう何年も前からですが、各種SNSの存在は会員に議論の場を提供したという点で目新しさを感じます。

 

知っている方も多いと思いますが、反創価学会系のサイト(HP)は以前から多数存在していました。ただ、古くから(1990年代後半から2000年代前半)存在する学会批判サイトの多くは創価学会を全否定するタイプ (日蓮正宗系サイトや反公明系サイト(反日云々の右翼系))だったので、会員にたいする影響力は限定的だったと思います。

 

1990年代後半から2000年代前半と言えば、創価学会が週刊誌とバトルしていた時期でもあり、「反創価系情報=デマ・ウソ」の構図が各会員の中でも強かったと思います。また、インターネットが今ほど普及していませんでした。

 

2000年代後半からでしょうか。ブログの普及によって、個人がネット上で情報発信するハードルが下がり、学会員が個人的に情報発信する場所が増えたと考えています。活動家系、アンチ系、観察系、資料系、素直な感想系……様々な情報が流れる様になったのではないでしょうか。

 

ブログの普及時期と前後して、反創価学会に限定されない、反日蓮正宗教学、反富士門流のスタイルのサイトも増えたのではないかと個人的には感じています。

 

少し余談ですが、今言われているような教義問題の多くは、少しネットを漁れば幾らでも出てきます。創価学会に限定せず、日蓮正宗教学、日蓮法華経等、随分前から指摘、考察されていたようです(書籍上ではもっと古いですが)。

 

しかながら全体的に知名度が低く、加えて学会員の多くが教義問題に余り関心を示さないので、創価学会にとってクリティカルな案件であっても、学会本部は特に取り合わずに済んできました(これからはどうかな?)。

 

古くから存在するアンチ系サイトの特徴は、学会(教義含め)と池田名誉会長を全否定するところにありますが、そのスタンスに影響される方の多くは第二次宗創問題前後で既に創価学会を去っているだろうと私は推測しています。

 

後になってから様々知って……という方もいると思いますが、創価学会と池田名誉会長を全否定する格好で学会を抜ける人・活動家を辞める人は少数派なので、世間へのイメージ対策と言う点では信濃町も看過出来ないはずですが(この辺は信濃町の怠慢)、既存会員への影響力に関しては無視できる範囲です。

 

これまでの反創価学会的主張の多くは、学会・公明党・名誉会長を一緒くたに非難する傾向にあったので、池田名誉会長を尊敬する会員の多くは、その手の主張を一緒くたに否定してきました(その是非はともかく)。

 

反池田名誉会長路線に同調者が殆ど出ないことを知っている信濃町は、古いタイプのアンチにそこまで関心がありません(一部の人達が無関係になったはずの日蓮正宗系信者と泥仕合続けていますが……近年、反池田名誉会長路線で最も影響を与えたのが妙相寺樋田系かな)。

  

信濃町が警戒しているのは、池田名誉会長を尊敬しつつ(あるいは尊敬するからこそ)現学会執行部や公明党に異議を唱える人物が増加することです。

 

理由は簡単で、同調者を量産し金と票にならない会員を増加させるポテンシャルを秘めているからです。

 

池田名誉会長をベースに、反執行部・反公明党の輪が広がることを信濃町は危惧しています。名誉会長が直接指導をしなくなった今、名誉会長の発言を巡って解釈論争をすれば創価学会は分裂一直線です(どのみち不可避だとおもいますが……)。

 

統率の危機であり、具体的には金と票を減らします。末端会員には関係ありませんが、職員にとっては死活問題です(名誉会長の発言を巡って会員と職員が解釈論争する時点で信濃町の統率力低下、敗北だと思いますがね)。

 

査問の話がチラホラ話題にのぼっていますが、学会(現執行部)・公明党(現政策)・池田名誉会長の三点はセットで肯定しないと、信濃町から目を付けられてしまいます。