蓮の落胤-創価学会、話そうか

非活動家の学会3世が創価学会、日蓮、公明党等を語ります。

「若悩乱者頭破七分」と「有供養者福過十号」

複数の方に何度も指摘されていますが、「若悩乱者頭破七分」と「有供養者福過十号」の二文は全ての曼荼羅本尊に記載されているわけではありません。

 

むしろ日蓮真筆本尊と見なされている本尊群の中で(現在確認されているのは127体(幅)というのが一応の定説だそうです)上記二文が記載されている本尊は少数派に属します。

 

また、「若悩乱者頭破七分」「有供養者福過十号」ではなく「謗者開罪於無間」「讃者積福於安明」が用いられているものもあります。「若悩乱者頭破七分」と「讃者積福於安明」の組み合わせもあります。

 

「若悩乱者頭破七分」「有供養者福過十号」「謗者開罪於無間」「讃者積福於安明」を全部載せている本尊もあります。

 

以下、日蓮真筆本尊の相貌が確認できるサイトのリンクを貼り付けておきます。おそらく、山中喜八氏の本尊集をベースにオンライン化したものです。

http://juhoukai.la.coocan.jp/mandara/mandaraitiran.html

  

「若悩乱者頭破七分」と「有供養者福過十号」の記載がある本尊は、弘安年代のある期間に作成された本尊に限定されます(弘安元年から2年まで)。

 

弘安4年や5年、日蓮最晩年に作成された本尊には見られません。ついでに言うと、弘安2年に作成されたとされる大御本尊には「若悩乱者頭破七分」と「有供養者福過十号」の記載はありません。

 

何か理由があるのかもしれませんが(授与者の違いとか?)、同じ日に作成されたと思われる本尊(図顕日が同年同日)で、片方の本尊には「若悩乱者頭破七分」「有供養者福過十号」「謗者開罪於無間」「讃者積福於安明」が全部記載されているにも拘らず、もう片方の本尊には一つも記載されていなかったりします(上記リンク先、61番と62番の比較)。

 

本尊の相貌について詳しいわけではありませんが、日蓮自身、本尊作成に関して試行錯誤(あるいは臨機応変さ)があったのかな等と考えたりします。

 

ちなみに、最初に作成されたとされる本尊(通称 楊枝本尊)はかなりシンプルな構成です(佐渡に渡る直前という余裕のない状況も関係するかもしれませんが)。

 

創価学会では罰論・功徳論に絡めて「若悩乱者頭破七分」「有供養者福過十号」の部分を強調しがちですが、果たして本当にその必要があるのですかね?