蓮の落胤-創価学会、話そうか

非活動家の学会3世が創価学会、日蓮、公明党等を語ります。

「創価学会員物語」の終焉

創価学会と物語について。ツラツラと考えていることを述べたいと思います。

 

日本社会において、物語の中心地は大筋において2ヵ所。会社と家庭です。仕事をすること、家族と繋がることがこの国の2大ストーリーです。

 

「仕事と家族」といえば、日本に限らず大きなテーマですが、ボランティア活動や政治活動、余暇の長さなどを比較すると、諸外国以上に日本では大きなウェイトを占めていると思います。

 

会社と家庭。この2大ステージを失ってしまうと、日本という国では生きていくことが非常に困難になります。

 

失うまでいかなくとも、仕事と家族、そのどちらにおいても心地よい物語を見ることが出来なければ、苦しい人生を歩むことになるでしょう。経済的な問題もさることながら、世間が宣揚する物語の大半から弾き出されることになるからです(仕事や家族をテーマにした駄文書籍が如何に多いことか……)。

 

断っておきますが、私は弾き出されることが悪いことだとは思っていません。また、仕事と家族以外の場所が、物語の中心地になっても一向に構わないと思っています。

  

前回紹介した通り、創価学会が戦後日本社会で発展した理由の一つは幾つかの恵まれた条件に囲まれていたからですが、

  

hasu-no-rakuin.hatenablog.com

 それに加えて、「仕事と家族」という「日本社会物語」を上手く会内に取り込み、心地よい「創価学会員物語」を構築・共有することが出来たからではないでしょうか。

 

「社会で実証を示す」「結果を出す」「仕事は三人前」「職場でなくてはならない人に」「一家和楽」「創価家族」等々。よく使われる指導やスローガンは「仕事と家族」に関するものが多い印象を受けます。体験談の大半も「仕事と家族」に中心軸があるように思います。

 

もう少し細かく考察すると、「仕事と家族」に心地よい物語を見る為の前提条件として、「貧困と病気」を克服することが物語のプロローグとなってきました。戸田会長時代から1970年代中盤辺りまで、その傾向が強かったことは皆さん良くご存知かと思います。

 

会員間の助け合い、励ましの共有、温かさの共有に見られる「創価学会人情物語」も存在するのですが、「創価学会人情物語」は「仕事と家族」で満足な物語を見る為の踏み台、「手段」にされてきた様に思えます(一概には評価できませんが)。

 

また多くの場合、「創価学会人情物語」を完成させるには前提条件が付きます。

 

その条件とは、独自の教義見解を持たないこと、池田名誉会長の発言に疑義を挟まないこと、選挙で公明党を応援することです。

 

独自の教義見解を持ち、池田名誉会長を師匠と仰がず、公明党を応援しない会員が、創価学会の中に温かさを感じられるというのならば、創価学会は大した団体だと思います(そんな創価学会を支えている末端学会員が偉大ということ)。

 

「貧困と病気」の克服からの「仕事と家族」の充実化を追求する「創価学会員物語」は、「現世利益の追求」「功徳主義」として世間から叩かれてきた部分でもありますが、日本の体制を揺るがすような行為には繋がらないので(例えばクーデター・革命等)、日本社会から本格的に排除されるような物語とはなりませんでした。

 

この辺が所謂「革新系」とは違うところです。正面からの体制転覆を目指さず、個人における生活の改善を第一義に掲げ、信仰上の意味解釈を世間にある程度迎合させることが出来たのは、創価学会(と学会員)を発展させる上で重要な要素だったのではないかと思います。

 

「貧困と病気」等の事情により「仕事と家族」を中心とした「日本社会物語」から外れた人間が、創価学会(学会員)の励まし、「人情」のサポートを受けながら、池田先生を師匠と決め、信心根本に実証を示していく。仕事で成果を出し、温かい家族を築く。

 

創価学会員物語」の王道プロットはこの様な形ではないでしょうか。二世、三世の会員の場合、「貧困と病気」の部分が「人間関係のトラブル」に変更されることが多いでしょうか。

 

「親しい人物の不幸」や「日常生活への倦怠感」から人生の意味を考えていると先輩学会員が家庭訪問に訪れ……という展開も良くあります。このパターンは若い時の「物語」であることが多く、「池田先生を師匠と決め学会活動に取り組む中で以前よりも主体的に仕事に取り組むようになり成果を上げ、その過程で現在の伴侶である○○さんに出会い」などと続きます。

 

今の日本社会は「仕事と家族」というこれまで掲げてきた2大ストーリーを国民間で共有し辛くなっています。生涯未婚率の増加、出産率の低下、親子関係の多様化、非正規雇用の増加、子供の貧困率の上昇等。物語を成立させる為の基盤が大きく崩れてしまいました。

 

学会内においては「査問」「活動停止」「除名」に代表されるような「創価学会薄情物語」が語られるようになってしまいました。職員幹部と一般会員のライフスタイルの差が「物語の共有」を困難にしている部分もあると思います(職員の言葉が会員に響かない)。

 

創価学会員物語」は「日本社会物語」を基にした派生であり、その基盤は現在進行形で壊れているのではないか。「日本社会物語」を楽しめない人物が増加する以上、「創価学会員物語」に価値を感じることが出来ない人物が増加するのは自然な事ではないか。

 

創価学会員物語」を構築・共有できなくなってしまえば、創価学会は終焉を迎えます。

 

 

補足

私には「創価学会員物語」を楽しんでいる方を否定する意図はありません。また、上記以外の物語を楽しんでいる方を否定する気もありません。

 

創価学会員物語」に関して言及しなければならない事はまだまだありますが、長くなりましたので次の投稿に譲ります。