蓮の落胤-創価学会、話そうか

非活動家の学会3世が創価学会、日蓮、公明党等を語ります。

世界広布は進んでいない(SGI-USA会員の大幅な減少)

日本の創価学会組織が衰退傾向(会員数の減少)にあるのは地域を見渡せば感覚で分かると思います。地域に何人未来部が居るか?新入会者が何人いるか?未来部員や新入会者の顔は明るいか?少し気にかければ、現在の創価学会の状況を認識できるかと思います。

 

hasu-no-rakuin.hatenablog.com

では、海外組織(SGI)は実態としてどうなのか。会員数が頭打ちの日本と違って進捗傾向にあるのか?それとも停滞しているのか?

 

噂話はともかく、実際の会員数が情報として流れてくることは殆ど無いので、現実的なSGIメンバーの趨勢を把握している方は少ないのではないかと思います。

 

1976年、聖教新聞社から細谷昭(当時の国際センター事務局長)名義で発刊された書籍に「世界の宗教 日蓮正宗創価学会」というものがあります(細谷氏はその後副会長になりましたが、現在の動向は分かりません)。

 

「世界の宗教 日蓮正宗創価学会」には、当時の海外メンバーの人数が国別に幾つか記載されています。具体的なメンバーの数が記載されるのは近年では珍しくなりましたが、当時は上り調子だったからか、気前よく数字が記述されています。

 

そこでは、NSA(日蓮正宗創価学会アカデミー)、今でいうところのSGI-USAのメンバーが約23万人と記載されています。

 

1976年当時の23万人という数字がこの40年間でどう変化したか。アメリカでの例に過ぎませんが、海外における創価学会組織の動向を考える上で一つの指標になるかと思います。

 

1976年と比較するために、現在のSGI-USAの会員数がどの程度なのか様々調べてみましたが、創価学会のHP等からは、信頼できる数字を発見することは出来ませんでした。

 

国内会員数の表記を、827万世帯から変動させない(どう考えても多すぎる)今の創価学会では、当たり前の行為かもしれません。信濃町がまともな数字を公表することは殆どありません(選挙結果くらいでしょうね)。

 

そこで何かヒントになるような文章は無いかと探していたところ、以下の文章を発見しました。http://www.iop.or.jp/Documents/0010/machacek.pdf

 

タイトルは「Soka Gakkai in America: Supply and Demand of SGI(2)」です。邦訳すると「アメリカの創価学会―SGIにおける供給と需要(2)」となります。

 

リンク先アドレスからも分かるように、東洋哲学研究所の英語版HPが親元となっています。調べたところ、David W. Machacekという宗教研究者の方が行った講演内容を、Journal of Oriental Studies(東洋学術研究)という東洋哲学研究所が発行している研究誌に掲載したものでした(掲載年は2000年)。

 

探したところ、日本語翻訳版もありましたので、以下リンクを貼り付けておきます。

http://www.totetu.org/assets/media/paper/t145_168.pdf

 

Machacek氏の調査によれば、アメリカにおける活動家メンバーの数は約3万6000人だそうです(学会出版物を予約購読している人数と、調査回答者の世帯あたりの平均人数を基に計算しているそうです)。

 

東洋哲学研究所発行の雑誌に掲載されているので、信頼のおける数字(少なくとも学会側が大きく否定できない)であると考えてよいかと思います。敵対他宗や、週刊誌が報じている内容ではありません。

 

この講演内容が雑誌に掲載されたのが2000年なので、調査結果は2000年付近の数字だと思いますが、1976年の23万人から大幅にその数を減らしています。1976年当時の15%にまでメンバーが減少しています

 

アメリカにおける創価学会員は、25年の間に嘗ての15%にまで数を減らしていた。活動的でない会員や、多目的な会員(他宗との掛け持ちだろうか?) 、入会したての会員は3万6000人の中にカウントされていないとのことですが、それでも驚くべき減少です (Machacek氏は、SGI-USAメンバーは現在も増加しつつあると推測していますが) 。

 

以前、噂話程度で、SGI-USAが大きく会員数を減らしていると聞いたことがありましたが、ここまで酷い状況になっていたとは思いませんでした。

 

文章の中には「アメリカSGIは発展と衰退のサイクルを経験して、長期にわたる発展が長期にわたる衰退より勝っていた」とありますが、一度大きく発展し、その後大きく衰退したと考える方が自然です。

 

恐らく、二度にわたる宗創問題に関連して現地で何かあったのでしょう。1976年に報告されている23万人が水増しされていた可能性も勿論ありますが、それにしても余りに大規模な後退劇です。

 

2000年から17年ほど経ちましたが、23万人の規模(1976年の状態)に回復しているとは考え辛いです。宗教的無関心が増えるアメリカで、17年間で3万6000人から5倍以上の拡大を達成するのはかなりの困難が予測されます。

 

一例に過ぎませんが、世界広布なるものを標榜している創価学会は、国内組織だけでなく、アメリカにおいても大きな打撃を受けていた。世界宗教なんて夢のまた夢です。

 

他の地域の具体的な状況は今のところ分かりませんが、具体的な数字を発表しない辺り、他のSGI組織も「一度大きく発展し、その後大きく衰退」している可能性があります。

 

人数が多ければそれで良いとも思いませんが、日本における創価学会の現状含め、そろそろ本当の話をすべきではないかと思います。