蓮の落胤-創価学会、話そうか

非活動家の学会3世が創価学会、日蓮、公明党等を語ります。

教義会則変更の片隅で

暫く公明党関係の話題が続きましたが、今回は2014年の教義会則変更に関する話を記事にします。当時私が、本部周辺から聞いた話です(大筋では、教学レポートや遠藤文書の内容と同じです)。時期はあくまでも私が話を聞いたタイミングです。名誉会長等の発言の時期を示すものではありません。

 

私が最初に教学関係の動向を聞いた時、話をしてくれた方が強調していたことは、創価学会の会憲問題でした。会憲の創設によって、より中央集権的な組織になることを危惧している風でした。話を聞いた時期は、2013年末、或いは2014年の初頭だったと思います(教義問題とは別に、公明党の支配者ことS副会長の態度の悪さなども強調されていました)。

 

次に教義変更関係の話を伺ったのは、2014年の夏前後。話をしてくれた方が、「池田先生は、大聖人を上人と、ただの一僧侶とするという方針にNoを示している」「教義を判断できるくらいには体調が安定している」と言っていたのを覚えています。

 

池田名誉会長の健康問題。既に周知の事実と化していますが、2010年以降、名誉会長は少なくとも2回は病気になっていて、2010年以降の体調が一定状態という訳ではないようです。

 

またこの時は、創価学会教学部の実態も聞かされました。教学部といっても教義研鑽に専念しているわけではないこと、中心メンバーが少数であること(10人前後)、講師を読んで他宗の教義や制度の研修を受けていること等を聞きました。

 

本部周辺の方達が話している内容から、「何やら教義関係で動きがあるらしい」ことは感じ取りましたが、その時は、ここまで大きな問題になるとは考えていませんでした。また、私自身の関心もそこまでありませんでした。

 

暫くして、2014年の11月。創価学会の教義会則は変更されました。その少し後、職員関係者の方と会う機会があったので、「教義会則が変更されましたね」と話を振ったところ、「大御本尊が受持の対象から外れた!」と一言目で返してきたのをよく覚えています。

 

当事、「大御本尊」を受持の対象から外すことが創価学会にとってどの様な意味を持っているのか、恥ずかしながら私は良く理解できていませんでした。

 

年が明け、2015年の3月。また縁あって職員関係者と話をする機会がありました。その際は、会則変更をいそがせた中心者の氏名や名誉会長が大御本尊との決別に否定的であったこと等を伺いました。同時に、教学レポートと遠藤文書のデジタル版を譲り受けました。また、反会長サイドで活動している人物(職員)が何名かいることも伺いました。

 

この時期、会則変更に否定的な派閥が森中教学部長を「説得」しようと試みたのですが、彼は動かなかったようですね。

 

創大系の副会長・幹部陣が粛清にあっているという話を聞いたのもこのタイミングでした。

 

私は信濃町の住人ではないので、内部事情を詳しく把握しているわけではありません。あくまで聞いた話です。以下、一連の教義会則変更に関連する話を聞いて感じた事を幾つか箇条書きします。

 

  • 元々閉鎖的な組織だが、重要な事柄は極端にクローズドな環境で決定する。一方、一旦情報が漏洩すると事態を収拾できない。

 

  • 本部職員より、公明職員の方がまだ客観的な視点を残している。

 

  • 信濃町が考えている以上に組織の亀裂は大きい。特に、名誉会長不在で士気が落ちていた団塊世代前後のベテラン会員の一部を面従腹背の状態にしてしまった。アンチでも、冷めた会員でもなく、反執行部の会員を作り上げてしまった。

 

  • 反執行部のスタンスを取る側が、問題を学会の中で収めようとしたため、殆ど何もできずに粛清された。情報を大々的に外部に公開するか、多くの会員が目撃している場で声を上げればまだ効果があっただろう。

 

  • 池田名誉会長と直接会える人物はごくごく限られている。「先生の意向」を確認できる人物は少ない。それでいて、会則上何の権限も無い名誉会長の権威が人を黙らせている。複数代理専制とでもいえるような体制。

 

  • 職員関係者は本音で話せる人が少ない。お互いに、相手が知っていることを探るような態度を示す人が多い。開き直っている人もいるが、大抵アンタッチャブルな立場。

 

  • ある一定以上の幹部はとにかくトラブルを避けたがる。露骨に話題を変えるか、「池田名誉会長が反論しないのだから~」の決まり文句を言う。持論を述べない。

 

  • 会員の大半は、教義なんて興味ない。更に言うと、池田名誉会長の過去の発言にも興味がない。多くの会員は、池田名誉会長を人生の師匠という割に、池田大作の思想性や言葉に拘りがない。

 

 

教義会則変更の片隅で私が感じたこと。無関心こそが組織を動かしている。