蓮の落胤-創価学会、話そうか

非活動家の学会3世が創価学会、日蓮、公明党等を語ります。

池田会長と公明党の関係につて(暫定的なまとめ)

前々回は、竹入公明党委員長の池田会長批判について。前回は、池田会長が公明党の方向性に不満を抱いていたことを、創価学会からの情報としてアメリカ大使館が記録していることを紹介しました。

 

池田会長と公明党の不一致(1975年、竹入公明党委員長の池田会長批判) - 蓮の落胤-創価学会、話そうか

池田会長は公明党の方向性に不満を抱いていた(1975年、創共協定に関連する外交公電より) - 蓮の落胤-創価学会、話そうか

 

記事でも書きましたが、当初調べたかったことは、公明党の安全保障政策の転換理由とその発起人です。端的に言えば、池田会長の指示で公明党は安全保障政策を変更したのかどうかが知りたかったことです。

 

上記疑問のヒントになるような資料が何かないか、日米安保公明党の動向に焦点を当てアメリカ公文書館のデータを探していたところ、公明党の安全保障政策の転換に、矢野元公明党委員長(当時はまだ委員長では無いですが)が重要な働きをしたことを示唆する文章を見つました (いずれ紹介します)。前回、前々回紹介した外交公電は、その作業の途中で見つけたものです。

 

最初は単純に矢野元委員長の該当資料(外交公電)を紹介しようかと思ったのですが、様々な文献を読んでいるうちに、単純に結論付けれそうにないと思ったので、記事にするのを取り敢えず控え、他の資料の検証作業をしています(矢野元委員長の書籍(いわゆる暴露本)にもチラチラ目を通しています)。

 

 

以下、現在までに判明していることを幾つか箇条書きで記します。

 

 

  • 公開されている複数の外交公電からは、池田会長が直接、アメリカ大使館と政治的なやり取りをしていた形跡は見つからなかった(私が今のところ調べた限りでは)。但し、当時の創価学会本部とアメリカ大使館の間には、それなりの交流があった。

 

  • アメリカ大使館側は、公明党の行動を、ある程度池田会長の意図で動いているものと認識していた。但し、前述したように、直接的なやり取りを示す文章は公開されておらず、あくまでも公明党議員や創価学会幹部を通じたやり取りである。

 

  • 機密解除されたCIA作成の文書には、”Komeito’s policy apparently is determined by only four or five men dominated by Soka Gakkai president Daisaku Ikeda.”と書かれている(文章作成は1970年)。直訳すると、“公明党の政策は、明らかに、池田大作創価学会会長によって支配された4-5人の男によって決定されている”。

 

(上記文面は、Weekly Summaryという各地域の情勢・トレンドを定期的に報告するために作成された文章に掲載されています。謀略・陰謀論じみた内容の文章ではなく、日本情勢の一トピックとして、公明党が注目されることもあったということ。記事末尾に該当部分の画像を貼り付けます。文章自体もいずれ紹介できればと考えています)

 

 

  • 創共協定は、アメリカ大使館も事前に知らないことであった。公明党は創共協定に賛同していなかった。竹入委員長は、池田会長に創共協定の中止を申し入れる立場になかった。池田会長は竹入委員長をコントロールできていなかった。これ等は、外交公電、矢野元委員長の書籍の双方から判断できる。外交公電には「池田会長は自身の政治力の強さを見誤った(趣旨)」というアメリカ側のコメントも載っている。

 

  • 昭和54年(1979年)の池田会長辞任を分析している外交公電では「池田会長の辞任は直接的には公明党の活動に影響しない」とアメリカ大使館側は分析している(この公電もいずれ紹介します)。

 

  • アメリカ大使館に対して複数名の公明党議員が「池田会長の辞任は(公明党に対する)宗教的認識を削減させる機会を公明党に提供していると指摘した」ことも記録されている(池田会長辞任を分析している外交公電内において)。

 

  • 公明党のアメリカ大使館との連絡役として名前がよく上がっている人物は黒柳明氏。黒柳氏は、創価学会の海外係担当でもあった。また、議員経験者でもある。

 

  • 矢野元委員長の書籍によれば、池田会長が直接政策に口を出してくるようなことは無かった。但し、意を汲んだ学会幹部が指示をしてくることはあった。また、議員側が過剰に忖度することもあった。

 

  • 池田会長(名誉会長)と日本の首相との会談や懇談が、公明党の頭越しに行われることがあり、その結果、池田会長(名誉会長)の政治的な影響力が行使されることもあった(矢野元委員長の書籍に記述がある。但し、年代は1975年前後の事ではない)。

 

 

池田会長=創価学会公明党という図式は必ずしも成り立たない。また、池田会長、創価学会公明党は指揮系統や責任が随分と曖昧な関係だったのではないでしょうか(名誉会長時代には更に曖昧になったのではないか)。

 

責任の所在、最終決定権、一般会員の認識、選挙支援のモチベーション・スローガン。皆バラバラだった様な気がしてきます。

 

もう少し調べてから、またまとめてみたいと思います。

 

f:id:Hasunorakuin:20170709231457p:plain

CIAの報告書、該当部分。

 

 

 

 

 

追記:

私のブログを読んで下さる方には様々な立場の方がおられかと思います。現執行部に反対でも、池田名誉会長には賛成の方。池田大作という人物込みで今の創価学会に批判的な方。両方肯定している方。是々非々な方等。

 

私は成るべく、他人が見て嫌な思いをする内容は書きたくありませんが、確度の高い情報から推測できることは記述せざるを得ません。その辺、ご理解して下さるとありがたいです。