蓮の落胤-創価学会、話そうか

非活動家の学会3世が創価学会、日蓮、公明党等を語ります。

池田会長は公明党の方向性に不満を抱いていた(1975年、創共協定に関連する外交公電より)

池田会長(名誉会長)は公明党をどう評価していたのか。創共協定関連の外交公電を調べていたら、当時の池田会長と公明党が随分離れていたこと、池田会長が公明党の方向性に不満を抱いていたことを示唆する文章を見つけましたので、紹介します。

 

紹介する外交公電は二報。一つは創共協定が締結されたことを伝えるもの。もう一つは、宮本共産党委員長ー池田会長会談の解析といった内容です。

 

どちらの外交公電もアメリカ公文書館がインターネット上で公開している機密期間の切れた公文書です。両公電共、機密区分はConfidential。1975年7月に作成されたものです。

 

まずは協定締結を報じている公電について簡単に紹介します。リンク先を見ると分かりますが、こちらの公電は創共協定締結の事実が淡々と報告されている短い文章です(アメリカ大使館の簡素なコメントも併せて記載されています)。

 

 

創共協定締結を報じた公電

タイトル:JCP AND SOKA GAKKAI SIGN CO-EXISTENCE AGREEMENT

(日本共産党創価学会、共存協定締結)

 

PDF文章へのリンク

https://aad.archives.gov/aad/createpdf?rid=145966&dt=2476&dl=1345

 

上記リンクの文章は、基本的には協定締結の事実とそれに対する短いコメントを伝える文章ですが、コメントの部分に当時の創価学会公明党の関係を示唆する興味深い記述があるので、抜粋して紹介します。

 

KOMEITO INTERNATIONAL BUREAU CHIEF KUROYANAGI TOLD EMBOFF JULY 28 PARTY LEADERSHIP WAS UNAWARE OF AGREEMENT AND ITS ANNOUNCEMENT HAS PRODUCED SHOCK AND DISMAY WITHIN PARTY.

(公明党国際局長の黒柳は、7月28日、大使館側に「党執行部は協定に気づかなかった。また、創共協定の声明は、党内に衝撃と落胆を引き起こしている」と伝えた)

 

ここに出てくるKUROYANAGIなる人物は、創価学会の海外係も務めた黒柳明氏と推測されます(他の公電で、AKIRA KUROYANAGIという表記が何度か出てきます)。

 

創共協定というものが、創価学会(池田会長)の独自行動であったことは恐らく事実です(前回記事で紹介した公電からも推察できますし、次に紹介する公電においても示唆されています)。

 

1975年の時点で創価学会(池田会長)と公明党は、別々のヴィジョンを持ち行動していたということでしょう。

 

 

宮本共産党委員長ー池田会長会談の解析

タイトル:"HISTORIC" JCP/SOKA GAKKAI MEETING CAUSES STIR

("歴史的"な日本共産党/創価学会会談、物議を醸す)

 

PDF文章へのリンク

https://aad.archives.gov/aad/createpdf?rid=151564&dt=2476&dl=1345

 

こちらの文章には、宮本共産党委員長と池田会長の会談(とそれに続く創共協定)に関連して、池田会長の報道関係者への応答内容(インタビュー)、宮本委員長の動向、会談の前後関係などが記載されています。

 

例によって全体的に興味深い文章ではありますが、創価学会(池田会長)と公明党が、当時どの様な立場関係にあったのかを示す部分に焦点を当て、いくつかのセンテンスを紹介します。

 

KOMEITO REACTION WAS INITIALLY GUARDED, WITH KOMEITO CHAIRMAN YOSHIKATSU TAKEIRI SHOWING APPARENT SURPISE* AT MEETING AND SAYING HE WISHED TO DISCUSS MATTER WITH GAKKAI PRESIDENT IKEDA.

(公明党の反応は当初用心深く、公明党委員長の竹入義勝は(大使館との)会談で外見上は驚きを示し「池田会長と問題を議論したかった」と話す状態だった)

*恐らくSURPRISEの誤植

 

TAKEIRI TALKED WITH HIM JULY 15 AND REPORTEDLY RECEIVED IKEDA PROMISE THERE WOULD BE NO CHANGE IN GAKKAI SUPPORT OF KOMEITO.

(竹入は7月15日に池田会長と協議した。伝えられるところによれば、創価学会公明党支援に変化は無いという池田会長の約束を受けた)

 

竹入公明党委員長は創共協定に関して蚊帳の外だったと推測できます。個人的には、REPORTEDLY(伝えられるところによれば)という表現が興味深い点で、池田会長とアメリカ大使館との間に、政治(政局)レベルでの活発な連携が無かったことを示しているのでは?と考えています。

 

池田会長が、直接的にアメリカ大使館と政治上のやりとりを頻繁にしていたならば“伝えられるところによれば”という表記にはならないのではないか。アメリカ大使館側としても、直接、池田会長に聞けば分かる話です。

 

実際、1975年の11月に当時のアメリカ大使と会談したという記録が残っています(記録がマイクロフィルム上にあるので、オンラインでは中身が確認出来ません。お金と時間に余裕が出来れば、直接アメリカ公文書館に行って確認してみたいです)。推測になりますが、11月の会談では、創共協定の真意について、アメリカ大使から質問が出たのではないでしょうか。

 

 

ALTHOUGH NEWS OF MEETING HAS CAUSED CONCERN IN MANY JAPANESE PARTIES, SOKA GAKKAI'S OWN CLEAN GOVERNMENT PARTY (KOMEITO) IS CLEARLY HARDIST HIT.

(会談のニュースは日本の大多数の政党に懸念事項を生じさせたが、創価学会自身の政党である公明党が明らかに最も大きな打撃を被った)

 

PARTY LEADERSHIP, AND PARTICULARLY CHAIRMAN TAKEIRI, HAS BEEN ACTING AS IF IT DID NOT KNOW OF MEETING. (MAINICHI REPORTER AWARE OF MEETING ARRANGEMENTS HAS TOLD US THIS IS NOT SO, BUT TAKEIRI WAS IN NO POSITION TO TELL IKEDA TO CALL IDEA OFF.)

(党執行部、とりわけ竹入委員長は、まるで会談の存在を知らなかったかのように振舞っている(会談の設定を承知している毎日新聞の記者は「竹入委員長は会談を知らなかったのではなく、池田会長に会談を中止するよう伝える立場になかった」と我々に語っている))

                                            

あくまで毎日新聞記者からの情報提供という形ですが、竹入委員長は会談を知らなかったのではなく、池田会長に会談を中止するよう伝える立場になかった。前回の記事でも指摘しましたが、当時、公明党委員長と池田会長は随分離れていたということでしょう。

 

 

A SENIOR IKEDA ADVISOR, CALLING ON DCM JULY 15 IN ADVANCE OF IKEDA'S FORTHCOMING VISIT TO HAWAII, EAGERLY PRODUCED PRESS MATERIALS ON THE IKEDA-MIYAMOTO MEETING AND ANSWERED QUESTIONS ABOUT IKEDA'S THINKING.

(古参の池田会長の相談役*は、7月15日、まじかに迫った池田会長のハワイ訪問を前に主席公使(大使館ナンバー2)に電話をしてきたが、しきりに池田‐宮本会談の報道資料を提示し、池田会長の考えに関する質問に答えた)

*池田会長の上級顧問とも訳せる。相談役にしろ、顧問にしろ、誰かは不明。

 

HIS RATIONALE BOILED DOWN TO THREE POINTS:

(A)GAKKAI AND JCP ARE NOT JOINING HANDS;

(B)IKEDA DID NOT "RECOGNIZE" JCP; AND

(C)IKEDA'S PURPOSE STEMMED FROM BUDDHIST TENETS REQUIRING UNIVERSAL FREE INTERCHANGE AND OPENNESS, AND WAS DIRECTED TOWARD "PROTECTION OF HUMAN FREEDOM."

(彼の論理的根拠は三点に要約される。

(A)学会と日本共産党は手を取り合って連携しているわけではない

(B)池田会長は日本共産党を評価しなかった

(C)池田会長の目的は仏教徒としての信条‐その信条とは世界をまたぐ自由交流と寛容性を求めている‐に由来したし、人類自由の保護に向けられていた)

 

GAKKAI MAN EMPHASIZED THAT "NOTHING HAS CHANGED," NO POLI- TICAL PURPOSE IN MEETING, AND "AMERICANS SHOULD NOT WORRY."

(何の変化もないこと、会談に政治的な目的が無いこと、アメリカが心配しなくともよいことを学会側は強調した)

 

アメリカを警戒させないよう、創価学会サイドが注力していたのが分かります。公明党ではなくて、創価学会からの説明であったことが肝だと思います。例え非政治的な行動であっても、自分達の政治的影響力の強さが、想定以上の波紋を広げることを体感したのではないでしょうか。

 

BE THAT AS IT MAY, CLEARLY THERE ARE COMMUNICATIONS PROLEMS* BETWEEN IKEDA AND KOMEITO CHAIRMAN TAKEIRI IF NOT ANTIPATHY. (WE HAD HEARD EARLIER FROM GAKKAI SOURCES THAT IKEDA WAS NOT HAPPY WITH CURRENT PATH OF KOMEITO.)

(いずれにせよ、池田会長と竹入公明党委員長の間には、反目とは言わないまでも、意思疎通上の問題が明白に存在する(我々は以前、学会からの情報として、池田会長が現在の公明党の方向性に不満であることを聞いていた))

*恐らくPROBLEMSの誤植

 

アメリカ大使館は、池田会長が当時の公明党の方向性を良く思っていないことを、学会筋の情報源から把握していた様です。アメリカ外交公電に、池田会長≠公明党であることが明記されていました

 

今回紹介した外交公電は、池田会長(名誉会長)が公明党の意向に常に賛同しているわけではないことを強く示唆しています。

 

前回、1975年当時、竹入委員長が池田会長をボロクソに批判していたことを紹介しました。今回、池田会長の方も公明党の方向性を良く思っていなかったことが明らかになりました。また、池田会長と竹入委員長が随分と離れていたことも改めて浮き彫りになりました。

 

つまり当時の公明党は「池田会長の思想に賛同する創価学会活動家に支援されていたが、党のトップは池田会長に批判的かつ距離が遠く、池田会長自身も公明党の動向に不満を抱いていた」ということになります。公明党支援という活動はかなり昔から壊れていたのかもしれません。

 

前回の繰り返しになりますが公明党は池田先生が作られたのだから池田先生は公明党の方向性や政策を支持しているし、池田先生と公明党の考えは一致している」という発想は間違いです。

 

池田会長が公明党の動向に不満を抱いていたこと、公明党委員長と池田会長の間に深い溝があったことが公文書に記録されています。

 

 

追記:

個人的に興味深いと思う部分を抜き出して紹介しました。より詳しく公電内容を知りたい方は、是非原文をお読みください。