蓮の落胤-創価学会、話そうか

非活動家の学会3世が創価学会、日蓮、公明党等を語ります。

米国公文書に記録され続ける昭和54年問題

何かと話題になる昭和54(1979)年4月24日、池田大作の会長辞任劇。創価学会は、池田大作の会長辞任を当日の内にアメリカ大使館に報告しています。

 

記録にはMESSAGE TO THE AMBASSADOR FROM DAISAKU IKEDAと書いてあるので、池田大作から駐日アメリカ大使へのメッセージです。

 

SOKA GAKKAI PRESIDENT IKEDA RESIGNS

1979年4月24日

https://aad.archives.gov/aad/createpdf?rid=18953&dt=2776&dl=2169

 

上記の文章は、アメリカ公文書館のHPから誰でも閲覧できる公文書です(機密解除されたのでしょうね)。

 

記録によれば学会本部は「池田大作はこれまでも何度か辞任を考えていた。組織が完成するまではと留まっていた。会長辞任後は、SGI会長として、また創価学会名誉会長として残留する。今後は執筆活動、世界平和や文化教育の促進のために時間を費やすだろう」と大使館側に伝えています。当時聖教新聞等に掲載された“表向き”の物語とほぼ同じです。

 

辞任の理由について大使館側から尋ねられた際、学会本部は「池田大作は、力強い僧俗和合をもたらすであろう新しい会則の採用によって、主要な組織構築に関わる業務を完了したと信じている」と返答しています(私の意訳です)

 

池田大作の会長辞任に対する大使館側のコメント(アメリカ本国へのコメント)が記載されているので、原文を下に記載します。下線部が辞任理由に該当する部分です。

 

 

“ANNOUNCEMENT HAS CAUGHT OUTSIDE OBSERVERS BY SURPRISE. THERE HAVE BEEN RUMORS, HOWEVER, ABOUT CONFLICT BETWEEN NICHIREN SHOSHU PRIESTHOOD AND LAY LEADERS OF SOKA GAKKAI (C.F. FJT-24531). HINT THAT THIS MAY HAVE BEEN FACTOR IN RESIGNATION COULD BE READ INTO AKIYAMA'S REMARK, WHEN ASKED FOR REASONS FOR RESIGNATION, THAT IKEDA BELIEVED HE HAD COMPLETED MAJOR ORGANIZATIONAL ACHIEVEMENT WITH ADOPTION OF NEW BY-LAWS, WHICH WOULD "STRENGTHEN HARMONY OF PRIESTHOOD AND LAY ORGANIZATION."

 

 

“THERE HAVE BEEN RUMORS, HOWEVER, ABOUT CONFLICT BETWEEN NICHIREN SHOSHU PRIESTHOOD AND LAY LEADERS OF SOKA GAKKAI”とあるように、大使館側は創価学会日蓮正宗間に紛争が存在するという噂を把握しています(実際は噂話ではないですが)。

 

アメリカ側は、池田大作の辞任が公明党に与える影響をもっとも気にかけているのだと思います(そう読み取れる記載があります)。

 

“ANNOUNCEMENT HAS CAUGHT OUTSIDE OBSERVERS BY SURPRISE.”が示すように、池田大作の辞任は驚きをもって迎えられたと推測できます。

 

昭和54年の池田大作辞任劇はアメリカの公文書にも記録されています。永遠に記録されるかもしれません。

 

組織の安泰を優先し、散々担ぎ上げた御大将の首を売り飛ばした記録は末永く、誰もが閲覧できる公文書として保存されることでしょう。