蓮の落胤-創価学会、話そうか

非活動家の学会3世が創価学会、日蓮、公明党等を語ります。

自民党との連絡役は八尋頼雄氏(2006年当時)

八尋頼雄副会長が自民党との連絡役だったとの記載が、Wikileaks内に記載がありましたので簡単に紹介します。

 

KOMEITO LEADER TO RESIGN, LDP WEIGHS IN ON SUCCESSOR

https://wikileaks.org/plusd/cables/06TOKYO4876_a.html

(2006年8月25日作成)

 

上記文章内において、自民党のIijima Isao(飯島勲氏と思われる)氏からの政治的なメッセージが、公明党のShozo Kusukawa(Kusakawaの誤植かな。おそらく草川昭三氏)および創価学会の連絡役たるYahiro Yorio(八尋頼雄)氏に伝えられたと記載されています。内容は公明党の代表に関するものです。

 

 

以下、該当部分を引用します。

 

“With the LDP already facing the very real possibility that it will lose a number of seats in the Upper House next July, the best scenario would be for Kanzaki to remain in his position for one more year. Absent that, Iijima thought, it would be better to leave the position vacant and let Acting Representative Hamayotsu lead the party through the elections. Iijima said he had passed that same message to Komeito's Kusukawa and Soka Gakkai liaison Yorio Yahiro.”

 

Soka Gakkai liaison(連絡役) Yorio Yahiro. 米国大使館も認める自創の連絡役、八尋頼雄氏。今は佐藤氏でしょうか。政治権力は八尋から佐藤に相承されましたか?

 

2006年といえば、民主党に勢いがあり、自公が劣勢になりつつある時期でした。2007年参院選から、2009年衆院選までの自公政権の敗北劇は記憶に残っている方も多いかと思います(もう10年前か)。

 

私にとってもこの時期は様々印象深い思い出があります。特に2009年の選挙は一番熱心に支援活動を行った選挙ですね(派手に負けましたが)。

 

私の世代からすれば、学生や若年層を煽って選挙活動に邁進させる裏で、自公創の密談が続いていたことになります。当事はまるで知りませんでしたが(そもそも情報が流れてこない)、結局会員は駒なんですね。

 

補足

飯島勲氏と言えば、集団的自衛権が議論されていた時期に、政教分離云々と今更ながらに蒸し返してきた人物。末端会員の知らぬところでゲーム(政局)は進む。