読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蓮の落胤-創価学会、話そうか

非活動家の学会3世が創価学会、日蓮、公明党等を語ります。

池田大作怒る(創価大学入学式)

かつて池田大作が表舞台に立っていた頃、池田は本部幹部会など大きな会合の場で、壇上に居並ぶ幹部を強烈に糾弾することがありました。本部幹部会等で幹部を糾弾するのは参加者の記憶に残すという面もあると思いますが、会長辞任以降は、その方法以外に学会本部に影響を与えることが出来なかったからではないかとも私は考えています(会則上、名誉会長には実務上の権限はありません。全ては現役の会長に委ねられています)。もっとも、池田大作自身の性格的な部分(江戸っ子的なカラッとした怒り)もありますから、単純にブチ切れていたのかもしれません。

 

私は特に、池田大作が正しいから怒られた人物は悪党!などど短絡的なことを話したいわけではありません。会員の人気を維持するための池田流のパフォーマンス、あるいは人を貶す池田の性悪さを示すものであったとも思いません。人間のすることですので、うまくいくこと、いかないこと、あったかと思います。All or Nothingで考えるのは危険です。

 

余談ですが、不祥事が池田の耳に入る→池田怒るという構図を利用して、池田に情報を歪曲して伝える人物もいたとか。池田の権威を利用して他人を蹴落とす方がいたそうです(今なら新聞の代筆で済むね!)。消えて当然のしょーもない幹部が怒られることも多いですが、池田がどう判断したかでなく、自分で考えて判断する必要があります。もっとも、学会本部の秘密主義、隠蔽体質が、正確な情報の伝達を妨げ、自分で考えて判断するという行為を難しくしているので、池田の権威利用と言う点で、全ては信濃町の計画通りなのかもしれません。

 

私は一度だけ池田大作が怒るシーンを直接目撃したことがあるので、そのことについて書きたいと思います。

 

2010年4月、私は縁あって創価大学の入学式に参加しました。その席上、池田大作が怒る姿を目撃しました。池田大作は壇上の教員二人を非常に強い口調で糾弾しました(怒るではなく激怒、怒髪天を衝く勢いでした)。教員の名前は、今は伏せておきます。その内の1名は、どちらかというと半分叱咤、半分激励(以前戦っていたようにまた頑張れよ!というニュアンス)でした。問題はもう一名の教員に対してです。以下記憶を基に記載します。

 

 

池田大作、突然強い口調で、教員席のある人物の方に向かって怒声を上げる。

「そこの髭!」

「お前はしっかりやっているのか!」

教員は黙ったまま(遠目に、指摘された教員が震えていたのが見えた。頭に来たのかな?怖かったのかな?)。改めて教員に対して強い口調で

「不服か!不服なのか!」

と詰問。

「てめぇは!」

新入生の前なのでフォローが入る

「てめぇというのはドイツ語なんだ(テーメのことでしょうか?)」

 

しばらくして糾弾された教員から、

「学生に食事をおごるなどして、親身に指導しています(こういう趣旨の発言でした)」

と弁解がでる。

 

その後は少しやり取りをした後、新入生への激励に戻る(前半の激怒していた部分が強烈に印象に残っていて、この部分は忘れました)。

 

それ以外にも、

 

「庶民を馬鹿にする、学会を馬鹿にする、私を馬鹿にして」

「言論は自由だけれども」「悪い教員は叩き出せ!」

「悪い奴はもう随分追い出したけどね。そうだな?(大学首脳陣へ問いかけ)」

大学首脳陣、ハイと返答

 

という場面もありました。

 

 

この糾弾された教員、私が知る限り確かによろしくない人物でした。色々な意味で「有名人」です。学生への態度、研究室での振る舞い。酒癖が悪いことも有名でした(お酒が好きな家系ですかね)。多分にそれらが池田大作の耳に入ったのでしょう(誰が耳に入れたのかは気になる)。

 

創価大学に関して言えば、職員、教員は学生のための大学で働いているわけです。信濃町のための大学ではありません。創立者のための大学でもありません。私は名誉会長池田大作を特に信奉していませんし、池田中心主義を良いとも思いませんが、池田大作に頼らなければ組織を維持できないようでは駄目でしょう。様々厳しい状況なのは分かりますが、上に立つ人間が怠けて最終的に傷つくのは18-22歳前後の未来ある若い学生です。